iPhoneに保護フィルムはいらない?貼るべき理由を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
iPhoneに保護フィルムはいらない?貼るべき理由を解説

「iPhoneに保護フィルムっていらないの?」と疑問に思う人もいるでしょう。

たしかにiPhoneのディスプレイは強化されていて、保護フィルムはいらない説なんてのも聞きます。

しかし! iPhoneに保護フィルムは必要です。

いくらiPhoneのディスプレイが強化されていても、過信はいけません。

絶対に保護フィルムなんて貼りたくない!」というのであれば止めませんが、特別な理由がないなら貼ってください。

本記事では、iPhoneに保護フィルムを貼らないメリット、デメリットなども解説しています。

ぜひ参考にしてください。

本記事はこんな人におすすめ
  • 保護フィルムは必要なのか気になる
  • iPhoneに保護フィルムを貼らないとどうなるの?
  • おすすめの保護フィルムを知りたい
目次

iPhoneに保護フィルムはいらない?

結論からいうと、iPhoneに保護フィルムは必要です。

理由は、シンプルに傷や衝撃から守ってくれて、指紋の付着も防ぐことができるから。

とくに、強化ガラスフィルムを使うことで、ディスプレイの修理費を節約してくれますよ。

種類によっては、反射や覗き見を防止できる保護フィルムもあります。

iPhoneのディスプレイを守ったり、快適に使うためにも保護フィルムは必要です。

iPhoneに保護フィルムが必要な理由

iPhoneに保護フィルムが必要な理由

次に、iPhoneにフィルムが必要な理由について解説していきます。

落としても割れる可能性が低くなる

もし、iPhoneを落としてしまっても、ディスプレイが割れる可能性が低くなります。

とくに、ガラスフィルムは衝撃に強く、ディスプレイが割れる心配も少ないです。

人間なので、うっかり落としてしまうことも少なくありません。

保護フィルムを貼っておけば、ディスプレイが割れることを避けられますよ。

傷から守れる

保護フィルムは、ディスプレイを傷から守ってくれます。

iPhoneをポケットやバッグなどに入れていると、カギや小銭などと接触して傷がついてしまうことがあります。

ディスプレイは、思わぬところで傷つくことがよくあるので、保護フィルムは必要ですよ。

修理の手間がかからない

ディスプレイに保護フィルムを貼ることで、修理の手間がかかりません。

保護フィルムを貼っておけば、ディスプレイ自体が割れたり、傷つくリスクを減らすことができるので、修理に費用と時間をかけずに済みます。

数千円ほどの保護フィルムで、修理の手間が省けるなら、貼らない選択肢はないかと思います。

精神的な負担が減る

保護フィルムを貼っておけば、精神的な負担を減らすことができます。

iPhoneに保護フィルムを貼っていないと、落とさないように気をつけないといけないので精神的に負担がかかります。

iPhoneは、価格も高いのでかなりのプレッシャー。

保護フィルムを貼れば、多少雑に扱っても守ってくれます。

毎日使うiPhoneが、精神的な負担になるのが嫌なら保護フィルムを貼りましょう。

高く売れる

買取で、高く売るためにも保護フィルムを貼ることをおすすめします。

ディスプレイに少しの傷でもあると、買取価格に影響してしまいます。

新品同様に外観を保つことができれば、買取価格も期待できるでしょう。

iPhoneに保護フィルムを貼らないメリット

iPhoneに保護フィルムを貼らないメリット

次に、iPhoneに保護フィルムを貼らないメリットを解説していきます。

保護フィルムを貼る手間がなくなる

iPhoneに保護フィルムを貼る手間がなくなることはメリットのひとつになります。

保護フィルムを貼るときに、ホコリが入らないようディスプレイを拭いたり、テープでホコリを取ったり繊細な作業が必要になります。

人によっては、苦手な作業に感じる人も多いでしょう。

わずらわしい作業から解放されるなら、保護フィルムを貼らないという選択もありかもしれません。

ケースとの相性を気にしなくていい

保護フィルムを貼らなければ、ケースとの相性を気にしなくてもいいんです。

具体的にいうと、ケースが保護フィルムの端っこを持ち上げ、干渉してしまうことがあります。

もし干渉してしまう場合は、どちらかを買い直さないといけません。

とくに、好きなiPhoneケースだと、妥協するのはかなり難しいでしょう。

iPhoneに保護フィルムを貼らなければ、どんなケースでも使えるメリットがありますよ。

きれいなディスプレイを活かせる

保護フィルムを貼らなければ、iPhoneのきれいなディスプレイを活かすことができます。

とくに、ブルーライトカットや覗き見防止の保護フィルムだと、せっかくきれいなディスプレイも台無し。

ディスプレイを100%活かしたいという場合は、保護フィルムを貼らない方がいいでしょう。

iPhoneに保護フィルムを貼らないデメリット

iPhoneに保護フィルムを貼らないデメリット

次は、iPhoneに保護フィルムを貼らないデメリットを解説。

上記で解説した「iPhoneに保護フィルムが必要な理由」とかぶるかと思いますが、大切なことなので2度いいます。

傷つきやすくなる

iPhoneに保護フィルムを貼らないと、シンプルに傷つきやすくなります。

ポケットやバッグに入れてても、いつのまにか傷ついていることだってあります。

iPhoneのディスプレイがいくら強化されているからといって、過信は禁物。

少しでも傷つけたくないのであれば、保護フィルムを貼りましょう。

落とすと一発で割れるリスク大

うっかりiPhoneを落としてしまうと、一発でディスプレイが割れるリスクが大きいです。

ディスプレイが地面に直接叩きつけられるような場合だと、ほぼ割れるでしょう。

しかし、ガラスフィルムを貼っていれば、ディスプレイが一発で割れるリスクもかなり低くなります。

代わりにガラスフィルムが割れてしまいますが、ディスプレイが割れるコストよりも安いもの。

買取価格が落ちる

買取価格が落ちることも認識しておきましょう。

少しの傷があるだけでも買取価格は落ちてしまいます。

将来的に、買取を考えているなら保護フィルムを貼ってください。

気が休まらない

保護フィルムなしで使っていると、落としてはいけないプレッシャーで気が休まりません。

体の一部といっていいほど常に持っているものなので、ストレスも常にかかり続けているといっても過言ではありません。

これでは、気が休まらず精神的にも良くないです。

もっと気楽にiPhoneを使うためにも、保護フィルムを貼りましょう。

保護フィルムを貼らないなら保険に入るべし

iPhoneに保護フィルムは貼らないと決めている人もいるかと思います。

保護フィルムを貼らないのであれば、せめて保険に入ることをおすすめします。

iPhoneの保険といえば、AppleCare+が思いつくでしょう。

しかし、AppleCare+は少々お高めなので、入りづらさもあります。

そこでおすすめなのが、「モバイル保険」です!

月額700円で入れて、3端末まで補償してくれます。

モバイル保険のおもな特徴
  • 月額700円で入れる
  • 3端末まで補償
  • 1年間で最大10万円まで補償

iPhoneの保護フィルムはNIMASOがおすすめ!

個人的におすすめなiPhoneの保護フィルムは、「NIMASO」のガラスフィルム!

NIMASOの外箱

NIMASOのガラスフィルムは、指紋が付きにくく、操作もスムーズ。

NIMASOのガラスフィルムは指紋がつきにくい

ガイド枠付きなので、保護フィルムを貼るのが苦手な人でも安心!

ガイド枠があるから貼りやすい

さらに、もう1枚ガラスフィルムが付いてくるので、うっかり割ってしまっても大丈夫です。

ガラスフィルムがもう1枚ついてくる

以下の記事でレビューしているので、参考にしてみてください。

まとめ

iPhoneに保護フィルムは貼るべきです。

理由は、傷や衝撃から守り、修理費などを節約できるからです。

もし、iPhoneに保護フィルムを貼らなかった場合のメリットとデメリットは以下のとおりです。

個人的におすすめなのは「NIMASO」のガラスフィルムです。

iPhoneに保護フィルムを貼らないのであれば、「モバイル保険」に入るのがおすすめです。

それではまた!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロムグレートを運営してます!ますえいです!
パソコンはWindowsとMacを使っていて。
スマホはAndroidとiPhoneを使っています。
ガジェットをながめるだけでも好きです!

目次